【一挙放送】ブルーフィッシュ

「エンジェル・スノー」のコ・ソヨン、9年ぶりの主演ドラマ!

「エンジェル・スノー」のコ・ソヨン、9年ぶりの主演ドラマ!

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

『ホテリアー』ではチェ・ヨンジェ役を好演し、本作が兵役後初出演作のパク・ジョンチョルと、韓国国内で絶大な人気を誇り、長らくドラマの世界から遠ざかっていたコ・ソヨンの9年ぶりのドラマ復帰で話題となったラブロマンス。「グリーンローズ」を演出したキム・スリョンと「屋根部屋のネコ」の脚本を手がけたク・ソンギョンがコンビを組んでいる。
運命を導くと云われる“青い魚”は、愛する魚が暗い海の中で道に迷わないように安全な場所に導いてくれると言い伝えられている。
演出:キム・スリョン
脚本:ク・ソンギョン

出演 : コ・ソヨン、パク・ジョンチョル、リュ・テジュン、パク・ハンビョルほか
提供元 : ©SBS Production Inc.
話数 : 全16話
DATV初放送 : 2010年02月08日

あらすじ

幼いころオーストラリアに移住し、バイオリニストになったウンス(コ・ソヨン)。
彼女は演奏会をきっかけに、韓国に一時帰国する。
そして、ソウルで不思議な感じのする男・カーデザイナーのヒョンウ(パク・ジョンチョル)と出会う。彼女が偲ぶ故郷(ピョンチャン)の話を聞いた次の日、すぐさま車で駆けつけ、ピョンチャンの町を探しもとめて田舎道を案内してくれた彼に彼女は好意を抱き、夢のように幸せな一日を過ごす。
そして、オーストラリアでの婚約式、ハネムーンと順調に時が過ぎたかに見えたが、幸せな日々は突然終わりを迎えることになる。
ソウルに帰ったヒョンウからはふっつりと連絡が途絶え、他の女と結婚したという知らせに耳を疑うウンス。必死にメールと電話で連絡を取ろうにも、まったく返事がない。こうして3年が過ぎ、ヒョンウのことも全て忘れ、誠実に接してくれるドンヒョク(ユ・テジュン)のプロポーズを受けた頃、偶然ヒョンウと再会する。彼女は冷たく接するが、実は、全てが壮大な嘘によるものだったこと、そして裏で、両親たちの怨恨が絡んでいたことを知る。その運命の糸に苦しみながらも、彼女の心が再びヒョンウに向かい始めていることを知ったドンヒョクは、怒りに狂い、次第にウンスを苦しめ始める。
かつての恋人ヒョンウと現在の恋人ドンヒョクの間で、ウンスの葛藤は次第に大きくなっていくのであった。

詳細を見る

キャスト

コ・ソヨン(チョン・ウンス役)
幼い頃に家族でオーストラリアに移住した。現在はバイオリニスト。
祖国訪問公演のため15年ぶりに韓国を訪れる。かつて住んでいた思い出の場所を捜すために車を走らせるが、横転してしまい、ヒョヌに助けられる。過去の悲しい経験から逃れられず苦しんでいたウンスだが、この短い滞在期間の中で、ヒョヌに急速に惹かれていく。

パク・ジョンチョル(イ・ヒョヌ役 )
カーデザイナー。ウンスが車で横転しているところを助けたときは大学生だったが、その後カーデザイナーに。
他人に心を開けない屈折した思いを抱えるヒョヌだが、心に傷を持つウンスに惹かれ、ウンスの帰国後オーストラリアまで会いにいき、ウンスの両親に気に入られ晴れて婚約を果たすが・・・。

リュ・テジュン(パク・ドンヒョク役)
ウンスの夫。ヒョヌの務める会社の企画室長。
ウンスとの結婚前にヒョヌとのことを知り、激しい嫉妬の炎を燃やすが、あえて結婚することを選ぶ。しかし、ひそかに今もウンスとヒョヌが深く愛し合っていることを知り・・・。

パク・ハンビョル(カン・ユンジョン役)
ヒョヌの幼なじみで、会社の後輩。
ヒョヌに対して純粋で変わらぬ想いを抱えている。ウンスのことで思い悩むヒョヌをずっと支え続ける、想いを打ち明けるが・・・。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ