製パン王キム・タック

2010年、韓国で最高視聴率50.8%を記録した大ヒット話題作!

2010年、韓国で最高視聴率50.8%を記録した大ヒット話題作!

放送日
放送は終了しました

各話あらすじ

視聴方法

瞬間最高視聴率58.1%。韓国史上5位の平均視聴率をたたき出した2010年最大のヒット作!

韓国での視聴率は、第5話で30%を突破。第7話で全プログラムのトップに立ち、12週連続でその座を守る。回を増すごとに最高視聴率記録を更新し最終回には50.8%、瞬間最高視聴率では58.1%という驚異的な数字を記録した2010年最大のヒット作。視聴率50%超えはあの国民的ドラマ「朱蒙」以来3年ぶりで、平均視聴率38.7%に至っては、「ホ・ジュン」、「宮廷女官 チャングムの誓い」、「パリの恋人」、「朱蒙」に続く韓国歴代5位の記録。



異母兄弟の葛藤と、名門一族に渦巻く陰謀の行方から目が離せない!

求心力のあるストーリー展開がこのドラマの魅力。序盤から名門一家の複雑な人間関係と出生の秘密が描かれ、異なる境遇で育った異母兄弟が対決を余儀なくされる展開に目が釘付けになる。ふたりがお題を与えられてパンの技術を競いあう場面では、あの「宮廷女官 チャングムの誓い」の料理対決のようなワクワク感が味わえること間違いなしだ。タックとマジュンが真っ向勝負を繰り広げる一方で、大人たちは後継者の座をめぐって攻防を繰り広げ、その行方からも最後まで目が離せない。他にも、ユギョンとミスクを絡めた四角関係、親子愛、師弟愛、パン職人たちの情熱、そして謎解きの要素までも加え、見どころは語りつくせないほど。



韓国屈指のヒットメーカーのタッグで生まれた最高のエンターテインメント!

「ホテリアー」や「タルジャの春」を手掛けたヒットメーカーのカン・ウンギョンの脚本に、「怪刀ホン・ギルドン」のイ・ジョンソプ監督がメガホンを取った。

また本作は、その年に放送されたすべてのドラマを対象に賞を選定する2010コリア・ドラマ・アワーズの連続ドラマ部門で作家賞と演出賞を独占する栄誉にも輝き、韓国ドラマ史に残る名作の仲間入りも果たしている。



【製パン王キム・タック人物相関図】

製パン王キム・タック人物相関図

出演 : イ・ヨンア、チャン・ハンソン、チョン・インファ、キム・ミンギュ、チェ・ジャヘ、パク・ソンウン、ファン・ミソン、ユン・シユン、チュウォン、ユジン、チョン・グァンリョル、チョン・ソンモ、チョン・ミソン、チョン・ヘソン、チェ・ユニョン、イ・ハヌィほか
提供元 : ©Licensed by KBS Media Ltd. (C)2010 KBS. All rights reserved 提供元:ポニーキャニオン
話数 : 全30話
DATV初放送 : 2011年06月13日

あらすじ

コソン食品の会長ク・イルチュン(チョン・グァンリョル)の妻インスク(チョン・インファ)は後継者となる息子を産むことができず、姑から冷遇されていた。そんな中、コソン家の使用人のミスン(チョン・ミソン)がイルチュンの子供を身ごもる。激怒したインスクは予言者の「夫との間に息子は授からない」との言葉を受けて秘書のハン・スンジェ(チョン・ソンモ)と関係を持ち、念願の男児を身ごもる。ミスンはインスクから危害を加えられることを恐れて身を隠し、密かに息子のタック(ユン・シユン)を出産する。やがて小学生に成長したタックは母から自分の素性について明かされ、コソン家に引き取られるが、その直後、母は何者かに拉致されてしまう。
12年後、コソン家を飛び出して母を捜し続けるタックは、手掛かりを求める中でパルボンのパン屋に流れ着く。一方、コソン家の後継者として成長したインスクの息子マジュン(チュウォン)は技術を得るためにパルボンに弟子入りする。奇しくも同じ師匠の元に身を寄せた異母兄弟は、パンの技術、恋、そして後継者争いでも火花を散らすことになるが…。

詳細を見る

キャスト

ユン・シユン(キム・タック役)
コソン食品会長のク・イルチュンとお手伝いキム・ミスンの間の長男。幼少期にイルチュンに引き取られるが、陰謀の果てに失踪した母を探し家を出て、12年の月日がたつ。パルボン・ベーカリーで働くことになり、天性の嗅覚と人を惹きつける魅力で才能を開花させていく。

チュウォン(ク・マジュン役)
コソン食品の跡取りとして育てられたが、実はインスクとハン・スンジェとの間の子。優越意識が高く、タックの奔放さが我慢できない。父親に認められたい一心でパン作りを学び、タックに対抗しようとする。

ユジン(シン・ユギョン役)
父親の虐待や貧しさに耐えながら必死に生きてきた優等生。幼少期にタックの明るさに救われ、再会を喜んだが次第にお金や権力の力に蝕まれ、出世のために何する野心家に変貌していく。

イ・ヨンア(ヤン・ミスン役)
パルボン先生の孫娘。パルボン・ベーカリーで働きながらパティシエを目指している。次第にタックの前向きさに惹かれていく。

チョン・グァンリョル(ク・イルチュン役)
コソン食品会長。タックの父。タックの母キム・ミスンを見初めタックを得るが、政略結婚した妻インスクとハン・スンジェの策略により離れ離れになってしまう。

チョン・インファ(ソ・インスク役)
ク・イルチュンの妻。イルチュンとの間に息子が出来ず、ハン・スンジェとの間にマジュンを得る。マジュンを後継者にすべく様々な画策をし、タックを遠ざけようとする。

チョン・ソンモ(ハン・スンジェ役)
コソン食品秘書室長。ク・イルチュンと、幼い頃から同じ家に暮らしてきた彼の側近。若い頃愛したソ・インスクがイルチュンと結婚し影の存在になるが、息子マジュンの存在により野心を抱くように…。

チョン・ミソン(キム・ミスン役)
タックの母。コソン家のお手伝いをしていてイルチュンに見初められタックを身ごもる。タックと身を隠した暮らしをしていたが、コソン家に預けた矢先に何者かに連れ去られ行方不明に…

チョン・ヘソン(ホン女史役)
イルチュンの母。頑固で厳格な姑。インスクに息子ができずお手伝いのキム・ミスンとイルチュンとの関係を容認する。マジュンにも厳しく接するが、インスクとスンジェの関係を知り…

チェ・ジャヘ(ク・ジャギョン役)
コソン家長女。マジュンが後継者とされる中、女だからと虐げられることに不満をもち、仕事で自分を高めたいと考えている。タックに対しても複雑な感情を抱く。

チェ・ユニョン(ク・ジャリム役)
コソン家次女。家族の確執からは離れ、マイペースに生きるお嬢さん。大学で学生運動の活動をしてシン・ユギョンと知り合うが、そのことで窮地に立たされ…

チャン・ハンソン(パルボン先生役)
パルボン・ベーカリーの創始者。製パン界の伝説的存在。思慮深い心と人に対する洞察力に優れ、タックの人生の師匠として支えていく。

キム・ミンギュ(ヤン・インモク役)
ミスンの父親。パルボン・ベーカリーの長。タックに厳しい修行をさせながら、パン作りを教える。そっけなく接するも、心の中ではタックを認め応援している。

イ・ハヌィ(ホ・ガプス役)
パルボン・ベーカリーの従業員。自分がパルボン・ベーカリーを継ぐものだとばかり思っていたのが、タックの登場により脅威を感じているお調子者。

パク・ソンウン(チョ・ジング役)
パルボン・ベーカリーの従業員。タックの母を最後に見守った人物。前科者だが過去を捨てパルボン先生の弟子に。タックにより再びコソン家の人々とのトラブルに巻き込まれていく。タックの友人であり、タックを監視する立場に…?

ファン・ミソン(オ・ヨンジャ役)
ミスンの母親でパルボン先生の娘。夫のインモクと共に店を切り盛りしながらミスンとタックを温かく見守っている。

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ