「【一挙放送】プランダン 不汗党」のあらすじ

金も学歴もないクォン・オジュン(チャン・ヒョク)は、生まれもった巧みな話術と甘いマスクで女性たちから金を騙し取る詐欺師。3000万ウォンの借金を背負っていた彼は、返済できなければ臓器を売り飛ばすと借金取りに脅されていた。そんなある日、自動車事故をきっかけに、夫を亡くし5歳の娘と姑を抱え生きるシングルマザーのチン・ダルレ(イ・ダヘ)と出会う。ダルレの貯金残高が3000万ウォンあると知ったオジュンはその金を騙し取ろうとする・・・。しかし、人を疑うことを知らない純粋なダルレと接するうちに、やがてオジュンは真実の愛を知り、今までの生き方を悔い改めるのだが・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話「狙われた3000万ウォン」女を騙してはお金をしぼりとる詐欺師のオジュン(チャン・ヒョク)は、ヤミ金業者に3000万ウォンの借金返済を迫られる。その頃、シングルマザーのダルレ(イ・ダヘ)は姑のスンソムに強制的に見合いをさせられていた。相手が老人だったことにむしゃくしゃしたダルレは、停車していたオジュンの車に自身の車をぶつけてしまう。翌日、ダルレの働く書店に老人とその息子のジングが現れる。ダルレを気に入った老人は息子と結婚しろと言い出し、事務的にプロポーズするジングにダルレは呆れかえる。
第2話「2人の男の急接近」衝突事故をきっかけにダルレと出会ったオジュンは、ダルレがカフェの開業資金として3000万ウォンの預金を持っていることを知ると、嘘をついて縁をつなごうとする。書店に現れては関心を惹こうとするオジュンだったが、ダルレにはいつもの手がまったく通用しない。一方、父からダルレと結婚しなければ遺産を寄付すると言われたジングは、ダルレを一方的に夕食に誘う。書店でダルレが戻るのを待っていたオジュンは、亡き妹に似ているとお決まりの嘘をつくが…。
第3話「夫の命日」毎年、亡き夫テオの命日が近づくと体調を崩すダルレは書店を欠勤する。取り立て屋から執拗に返済を迫られたオジュンは、連絡が途絶えたダルレに会うために自宅を訪ねる。ダルレはオジュンをテオと見間違えて倒れてしまい、オジュンは慌てて病院に運び込む。その間、父にせかされてダルレの家を訪ねたジングは、ダルレの娘スンデを泣かせてしまう。友人のマンドゥ(ホン・ギョンイン)から部屋を追い出されたオジュンは、銀行員のヨナの部屋で一夜を明かす。
第4話「瞑想とキス」急にオジュンに冷たくされたヨナは、オジュンの手帳に書かれたメモを見てダルレの書店を訪ねる。ダルレに話しかけようとするのを火災警報器を鳴らして食い止めたオジュンは、すがりつくヨナに暴言を浴びせて突き放す。オジュンが妹のことで悩んでいると心配したダルレは瞑想センターに連れて行き、もう書店には来ないで欲しいと告げる。焦ったオジュンはカフェの譲り受けの話をちらつかせ、ダルレは思惑通りに関心を示す。
第5話「揺れる心」瞑想中にキスされたダルレはオジュンを意識し始める。夜中にダルレの家を訪ねたジングは、今すぐスンデ(キム・ファニ)に謝罪したいと言い出す。非常識だと非難するダルレに対し、ジングは人に好かれる方法を教えて欲しいと頼み込む。マンドゥから姉のオスクが作った牛骨スープを受け取ったオジュンはやりきれない気持ちになり、ダルレから掛かってきた電話に涙してしまう。オジュンに惹かれるのを怖れるダルレは、シングルマザーであることを告げて別れを切り出すが……。
第6話「罪の意識」ダルレが去ろうとするのを引きとめたオジュンは、カフェの譲り受けの話を再び持ち出す。取り立て屋の2人を使って一芝居打ったオジュンにすっかり騙されたダルレは契約書にサインし、保証金の3000万ウォンも渡してしまう。開店準備を始めたダルレはしばらくして詐欺に遭ったことを知るが、オジュンも騙された側だと信じて疑わない。自分を信じ続けるダルレに心を痛めたオジュンは、取り立て屋の2人が言い争う隙にお金を奪い返す。
第7話「オジュンの改心」ダルレとスンソム(キム・ヘスク)はお金を取り戻してきたオジュンに感謝し、スンデもオジュンになつく。テオの5周忌を行ったスンソムはダルレを自由にしようと決意し、冷たい言葉で突き放す。スンソムの心情を理解したダルレはオジュンに告白する。自分を信じて疑わないダルレを受け止める自信が持てないオジュンは、マンドゥのもとを訪ねて、もう嘘はつかないと宣言する。ダルレがデートに出かけるところに出くわしたジングは、オジュンを偽者のファンドマネージャーだと言うが…。
第8話「明かされた真実」ダルレと幸せな日々を過ごしながらも、嘘がばれることを怖れるオジュン。一方、ダルレの協力で元妻に謝罪し、スンデを通じて苦手な子供も克服したジングは、ダルレのことが気になり始める。ダルレが心配でオジュンについて調査をしたジングはオジュンが詐欺師だと忠告するが、ダルレは聞く耳を持たない。そんな中、オジュンが取り立て屋に監禁され連絡が取れなくなる。ヨナから会いたいと言われたダルレは、オジュンの正体を聞いてショックを受ける。
第9話「お詫び行脚」心から謝罪するオジュンに対し、ダルレはこれまで騙したすべての女性たちが許したら自分も許すと言う。そこでオジュンは騙した女性への謝罪予定の計画書をダルレに渡し、マンドゥとともに謝罪してまわる。ダルレが気になって仕方ないジングは花束を持って家を訪ねるが、そこにオジュンが現れる。ジングは詐欺師だと声を荒げるが、ダルレは無意識にオジュンをかばう。オジュンがボクシングジムに就職したと知ったダルレは心を動かされて誕生日に招待するが…。
第10話「あたりまえの幸せ」ヨナの自殺によって犯した罪の深さを思い知ったオジュンは涙を流す。ダルレはオジュンを優しく慰め、ともに謝罪をする。ダルレにせがまれてマンドゥの家を訪れたオジュンはオスクと出くわして逃げ出す。ダルレはとっさの機転で2人を対面させる。オスクと歩み寄ったオジュンは小さな幸せをかみしめ、ダルレに感謝の言葉を告げる。2人の仲睦まじい姿を見かけたジングはダルレを呼び出し、自分にもチャンスが欲しいと言う。そんな中、オジュンが詐欺容疑で連行され…。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ