「笑ってトンヘ」のあらすじ

アメリカで育ったスピードスケートショートトラック選手のトンへは、試合のために初めて親の故郷である韓国へ行くことを決意するが、今回は試合とは別に目的があった。それは、6年前にアメリカで出会い結婚の約束をした恋人のセワと今後の話をするためだった。その頃、新人アナウンサーとして奮闘中のセワは、最近トンへとの価値観のずれを感じていた。トンヘを愛しているが、発達障害を持つ彼の母アンナの存在が気になり結婚となると彼の不十分な条件に自分の人生をかけることができなかった。一方、家の借金を背負ってホテルの厨房で働いていたボンイは、友人であるセワに頼まれトンヘを空港へ出迎えに行く。そこで、トンへとトラブルになったせいで仕事を失い、トンへに恨みを抱くようになる。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 トンヘ、韓国へホテルの調理部で働くボンイは結納の日、婚約者の母親に突然破談を告げられ失意のどん底に。その友人で放送局アナウンサーのセワは、米国にいるスケート選手の恋人トンヘ(カール・レイカー)が韓国に来ると知り心をときめかすが、ホテルの御曹司ドジンに交際を迫られる。選手団にないしょで知能に障害を持つ母親アンナを同じ飛行機に乗せたトンへだが、アンナの微笑が誤解を招き、トンへは飛行機の中で事件に巻き込まれる。
第2話 生き別れた娘ボンイの母ソノクは、家族を破滅に追い込んだ放送局のアナウンサー局長キム・ジュンを偶然見かけ、怒りに体を震わせる。花形アナウンサーの座を夢見るセワは、父親の七光りで他人が抜てきされたことを知り失望、ホテルのバーに行くとそこにはドジンが。一方、無事韓国についたトンへだが、空港に1人残してきた母親アンナを見知らぬ女が連れ去ろうとしているのを発見、2人の乗ったバスを追いかけて車内に乗り込むが…。
第3話 無断外泊ホテルの女社長ヘスクはカメリアホテル会長夫人のマルソンから生き別れた娘を捜すよう依頼される。無事にソウルへ着いたトンへだが、アンナが自分を捨てた夫に未練を募らせていることを知って心を痛める。ホテルのバーで飲みすぎたセワは意識を失い、ドジンの世話でホテルの一室に寝かされる。セワの無断外泊を知った母親スルニョは大騒ぎ。翌朝、セワはドジンと部屋を出るところを親友のボンイに目撃されて…。
第4話 アレルギー騒動セワの無断外泊に気が動転した母親のスルニョは警察署へ出かけるが、そこでボンイの叔父ピルチェに出会って恋心をくすぐられる。セワはトンへとのデートを楽しむが、ボンイの調理ミスから留守番中の母アンナが食物アレルギーで倒れてしまう。連絡を受けたトンヘは病院へ急行、ボンイをクビにしろとドジンに迫る。一方、カメリアホテル会長夫妻は生き別れになった娘ドンベクにも食物アレルギーがあったことを思い出し…。
第5話 ボンイの嘆き約束の時間に遅れてキム・ジュン局長にしかられたセワ。会社を辞めろと言われて「家族捜しの番組にトンヘが出演する」とうそをついてしまう。だがトンヘに出演を断られ、二人の仲は険悪に。そんな時ドジンから連絡を受けたセワは、彼に会うためホテルに向かう。土下座までしてトンヘに許しを乞い処分の軽減を約束してもらったボンイだが、待っていたのは解雇の連絡。怒り心頭のボンイはトンへとアンナの客室に押しかける。
第6話 告白されて何とか解雇を免れたボンイだが、練習中のトンヘに代わってアンナの面倒を見るハメに。ボンイの母ソノクはスルニョとケンカ、借金を返すと豪語するが、当てにしていた積立預金をカンジェが使ってしまい窮地に陥る。一方、車を受け取りに行ったセワはドジンがホテルの社長令息だと知って驚くが、正式に愛を告白されて当惑する。そんな中アンナは、テレビ出演を拒否したトンヘに代わって家族捜し番組に出ることを決意するが…。
第7話 家族捜し大事な預金を夫カンジェに使われたソノクは借金を返せず、スルニョから家の掃除を命じられる。セヨンの部屋を掃除するが、そこでは息子のテフンとセヨンが映像チャットでデートの真っ最中だった。トンへはセワと仲直りしてデートを楽しむが、ふとしたことから母アンナが家族捜し番組に出演することを放送直前に知る。怒りを抑えきれずテレビ局に向かうトンヘ。テレビの前でソノクとスルニョが見守る中、現場に押しかけたトンへは…。
第8話 交際がバレちゃった!家族捜し番組に飛び入りしたトンへはカメラの前で父親への憎しみをぶちまけ、番組をメチャクチャにしてしまう。プロデューサーから叱られて失意のどん底に落ちたセワだが、ドジンはそんな彼女を優しく慰める。一方、セヨンに恋人がいると確信した母スルニョはセヨンを尾行するが、行き着いた先はテフンのアパート。そして栄養食を届けに来たテフンの母ソノクがアパートを訪れると、そこにはデート中のテフンとセヨンが。
第9話 ドジンの正体両家の母親にデート現場を目撃されたテフンとセヨンは家に連れ戻される。トンへは放送局での行動をわびるためセワに会うが、セワの心変わりを知ってがく然とするが、心をつなぎとめようとプロポーズを決心、ボンイに助力を要請する。放送事故の責任を取ってセワは番組を降板させられるが、納得できないセワはキム・ジュン局長の家に押しかける。
だがそこで見たものは、局長と一緒の家族写真に写ったドジンの姿だった。
第10話 心変わり愛を貫きたいセヨンは家出してテフンの家に身を寄せる。スルニョはさっそく連れ戻しに行くが、ソノクの辛らつな言葉に独り身の寂しさを感じ、悲しみのあまり家を飛び出してしまう。一方、ドジンがキム・ジュン局長の息子であることを知ったセワの心は打算的な誘惑に負け、ドジンの優しさとトンヘへの愛の間で激しく揺れ動く。そしてプロポーズの日。期待に胸を膨らませたトンヘに対して、セワは一方的に別れを告げる。

1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ