「恋する下宿24番地」のあらすじ

3年前、グァンギュ(キム・グァンギュ)の父が亡くなる前に残した最後の言葉は、「お前の子供を妊娠したという女性が家に来た」だった。しかし、情報は2つだけ。現在24歳で、夏の終わりくらいに産まれたであろうということ。今までプレイボーイとして生きてきたグァンギュだが、心を入れ替え、我が子を探すことを決意。24歳の男女6人を家に呼び込み、下宿屋「下宿24番地」をはじめることに。果たしてグァンギュは子供と再会できるのか?そして、一つ屋根の下でぶつかり合いながら成長していく6人の将来は…?

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話韓国のアイドルにはまって脱北した男と運動に熱中する男。ブランド品に目のない女に玉の輿を夢見る女。そして医師の息子に謎の女まで。6人それぞれが事情を抱えてやってきた下宿24番地。だが彼らがこの下宿にたどり着いたのは偶然ではなかった。共通点は24歳という年齢だけ。育ちも性格も違う6人の共同生活が始まる。
第2話サウンはドンジュンを病院長の息子と勘違いし、猛アタックを開始。一方、ジェファンは希望していた大企業のインターンシップが始まるが、初日から屈辱的な待遇を受け傷つきながらも正社員を目指す決意を固める。また世間を騒がせている殺人事件の犯人がドヒだと思い込んだグァンギュとバンインはそれぞれの思惑で動き始める。
第3話同居を始めてますます険悪な仲のバンインとヒョニョン。そんな折、ヒョニョンの父親が娘を訪ねてソウルにやってくる。下宿住まいであることを隠したいヒョニョンはみんなを追い出しうまく乗り切ろうとするが、計画は天敵バンインのせいで水の泡に。一方サウンはドンジュンと楽しい時を過ごした帰り道、自分の大きな勘違いに気づく。
第4話ジェファンはクビを懸け、ネットで話題の動画投稿者であるドヒを会社のイベントに連れてくると約束するが、実はドヒは対人恐怖症だった。ドヒを病院へ連れていったことから2人の距離が縮まる。グァンギュの姪セミはひょんなことからバンインと知り合い一方的に交際を宣言。同居を企むセミを阻止すべくグァンギュは勝負を持ちかける。
第5話ドヒはジェファンにプレゼントを渡そうとするが、その度にドンジュンに邪魔される。ついに反撃に出るドヒ。一方セミに迫られ困っていたバンインは、彼女を遠ざけるためグァンギュの息子になりすますが、息子を見つけ大喜びするグァンギュの姿を見るにつけ罪悪感は増すばかり。ついにバンインのストレスは限界に達してしまう。
第6話グァンギュは実子の手がかりを探そうと、下宿生たちを連れてヒョニョンの実家のキャンプ場へ向かう。サウンはドンジュンの気を引こうとするがことごとく失敗。ジェファンはドンジュンに阻まれドヒに近づけずにいたが、わずかの隙にドヒを連れ出すことに成功し、ドヒから合格祈願に幸運のブレスレットをもらう。
第7話ジェファンからデートに誘われたドヒ。それを知ったドンジュンは対人恐怖症のドヒのためにデートの手ほどきを買って出るが、デートの練習中、偶然にもドヒのつらい過去を知ってしまう。一方ヒョニョンとバンインは、大家に差別されている気がして疑心暗鬼に。サウンはセミに無理やり連れだされ、急きょ母親役を演じるはめになる。
第8話酔って一夜を共にしたバンインとヒョニョンは、決定的瞬間をドヒに見られ口止めに躍起になる。ジェファンはドヒを苦しめた元上司への復讐を計画するが、誤解したドンジュンに妨害され失敗。それを知った下宿人たちは元上司の元へ向かう。一方サウンは、母親とグァンギュが一緒に写る写真を見つけ彼が実父ではないかと疑い始める。
第9話大企業に採用されたジェファンは念願が叶い幸せの絶頂期。しかし喜びもつかの間、ドイツ赴任を言い渡されてドヒとの仲にも暗雲が。セミに隠れて交際を続けるヒョニョンとバンインは国外逃避を夢見てオーディションに挑む。サウンはグァンギュに冷たく当たるが、グァンギュは顔合わせの席で見事に父親代わりを演じサウンを助ける。
第10話グァンギュは実子の手がかりを持っていたジェファンを息子だと思い世話を焼く。ヒョニョンとセミに同時にフラれた上にグァンギュにも冷たくされるバンイン。気持ちを整理するためそれぞれ一人旅に出たドヒとドンジュンは、思いがけず一緒に旅をすることに。一方ジェファンは、ドヒの気持ちを尊重しドイツ行きを決意する。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ