「最高の一発」のあらすじ

90年代に人気を博したグループ「JAY-2」のリーダーユ・ヒョンジェ(ユン・シユン)はある台風の夜を境に失踪、自殺したものとして世間から忘れ去られてしまう。しかし、本当はヒョンジェは未来にタイムスリップしてしまっていた?!2017年のソウルに突如として現れたヒョンジェは、かつてスキャンダルの相手だった女性歌手ボヒ(ユン・ソナ)、マネージャーだったグァンジェ(チャ・テヒョン)、そして彼らの息子(?)というアイドル練習生のジフン(キム・ミンジェ)と出会う。すっかり変わってしまったかつての知り合いたちに戸惑いながらも、ジフンと同じ部屋で暮らし始めるが・・・

番組紹介へ

各話あらすじ

11話同じ事務所で働くようになったウスンとヒョンジェ。「バイト、バイト」と言いながら、ヒョンジェはだんだんウスンに惹かれていく。ある晩ジフンはグァンジェと2人で夜釣りに出て、グァンジェにデビューをさせてほしいと頼む。その晩はドリルも予備軍のために家を空けていた。つまり屋根部屋にはウスンとヒョンジェが2人きり。雨にぬれたヒョンジェが風邪をひいたのか、せきをしている。気になったウスンが様子を見に行くと…。
12話夜釣りから戻ってヒョンジェとウスンが2人きりだったと知ったジフンは気が気ではない。ヒョンジェに、ウスンのことは諦めてほしいとお願いする。ヒョンジェも、身に覚えはないが息子の頼みなので、ウスンのことを忘れようとわざと冷たく接する。しかしウスンはヒョンジェの態度が気になってしかたない。ある晩、ベーカリーでボヒの携帯の暗証番号が“22198”だと知ったヒョンジェ。ポケベルの数字には意味があった。
第13話ウスンへの思いを打ち明けたヒョンジェ。ウスンもヒョンジェを好きになっていた。ウスンは屋根部屋を出ることを決心し新しい部屋へ引っ越す。ヒョンジェは内緒でその部屋に先に行き…。ワールド企画では投資を受けてジフンのデビューを進める計画を立てていた。ジフンに曲を提供するのはヒョンジェ。しかしジフンはヒョンジェの正体を知っていた。そしてヒョンジェに「父親はグァンジェ1人」だと言い冷たくあしらう。
第14話ウスンにも正体を打ち明けたヒョンジェ。過去から来てまた過去に戻るかもしれないヒョンジェのことをウスンは受け入れられず、冷たい態度を取る。一方、ワールド企画に投資する予定だった人々が、ヨンジェの根回しにより投資を断ってきた。それを知ったヒョンジェは昔の印税の小切手を持ってヨンジェの所へ行き、それと引き換えにMJの契約を打ち切るよう話を持ちかける。大金を前にヨンジェはMJとの契約を破棄するが…。
第15話ヒョンジェを忘れられないウスンは、ヒョンジェのもとに走る。しかしヒョンジェが消えてしまうのではないかと不安を感じているウスン。そんな折、ソウルに台風がやってくる。それは1993年の台風“カオラ”と似ている双子の台風。過去の自分がいなければ現在のいろいろなことが変わってしまうと気付いたヒョンジェは、台風の晩、ウスンが寝ている間に屋根部屋に向かう。そして1993年と同じように狭い階段から落ちると…。
第16話ヒョンジェが戻ったのは1994年。そこにもう1人のヒョンジェがいた。ヒョンジェが死亡したという日、彼がスリョン湖にいるという知らせを聞き、93年のヒョンジェはスリョン湖に向かい2人は顔を合わせる。2017年のボヒやグァンジェ、そしてジフンのことを聞いたヒョンジェは自分の運命を受け入れる決意をする。そして、1993年のヒョンジェは再び階段から落ちてタイムトラベルをする。そして行った先は…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ