「SUPER JUNIORイトゥクのおいしい韓国レシピ」のあらすじ

料理詳細

#125 チェ・ジンフンのフライパンピザ今回はイトゥクも一緒に料理に挑戦。モッツァレラチーズを使って、フライパンで作る簡単ピザ。先生は生地を粉から作り、牛肉たっぷりのプルコギ風に。イトゥクは料理初心者でも失敗しないトルティーヤを生地に使用し、えびとにんにくを載せたピザを作る。
#124 チェ・ジンフンの鶏手羽煮、つぶ貝とつるにんじんの甘辛あえ甘辛い味でご飯もすすむ、油で揚げないヘルシーな鶏手羽煮と、つぶ貝とつるにんじんの甘辛あえ。鶏手羽煮のポイントは、手羽を焼く前にかたくり粉をまぶすこと。手羽の皮が剥がれず、艶も出ておいしく仕上がる。
#123 チェ・ジンフンの海鮮チヂミ×キムチチヂミ2つの味を一度に! 選びながら食べられるサクサクの海鮮チヂミとキムチチヂミ。海鮮チヂミをサクサクにするポイントは、魚介にもち粉をまぶすこと。魚介から出る水分を取るうえに、生地との接着剤の役割も果たし、おいしく仕上がる。
#122 チェ・ジンフンのかきと豆もやしの蒸し煮、ごぼうとじゃがいもの煮物最高のスタミナ食材かきを使った、ピリッと辛くておいしいかきと豆もやしの蒸し煮と、常備菜としてお薦めのごぼうとじゃがいもの煮物。かきと豆もやしの蒸し煮のポイントは、かきとあさりを下ゆでするときに清酒を入れること。臭みが取れておいしく仕上がる。
#121 チェ・ジンフンのあざみご飯、干しだらのスープ香りも良くて体にもいいあざみご飯と、濃厚なだしが魅力の干しだらのスープ。あざみご飯のポイントは、下味を付けたあざみをさっと炒めること。ご飯に艶が出てあざみも軟らかくなり、更においしく仕上がる。
#120 オ・ミョンスンのカルジェビ今回はイトゥクも一緒に料理に挑戦。料理初心者でも手軽にできるカルジェビを紹介。先生はあさりたっぷりでスープが絶品のカルジェビ。イトゥクはキムチととうがらしを効かせたピリ辛味に。すいとんを粉から自分で作るときのポイントも紹介。
#119 オ・ミョンスンの大根と干しえびの煮つけ、豚バラ肉とつるにんじんのあえ物秋が旬の野菜、大根と干しえびの煮つけと、香ばしい豚バラ肉とつるにんじんのあえ物。豚バラ肉とつるにんじんのあえ物のポイントは、つるにんじんを軽くゆでてから皮をむくこと。生のままでは皮むきが難しく、ゆでると簡単に皮をむくことができる。
#118 オ・ミョンスンのきのこの卵スープ、牛肉とえごまの葉炒め朝食にぴったり! 簡単で栄養満点のきのこの卵スープと、牛肉とえごまの葉炒め。きのこの卵スープのポイントは、溶き卵を最後に入れること。スープが濁らず卵もふわふわに軟らかく、優しくおいしい味に仕上がる。
#117 オ・ミョンスンの緑茶ゆで豚、りんごとねぎのサラダぷりぷりの食感が魅力的な緑茶ゆで豚と、爽やかな味のりんごとねぎのサラダ。ゆで豚は、野菜の水分で蒸すようにゆでる作り方を紹介。ポイントは、肉に緑茶パウダーをかけること。豚肉の特有の臭みがなくなり、おいしく仕上がる。
#116 オ・ミョンスンの鶏むね肉としいたけの煮物、ほうれんそうペーストのハイ貝軟らかい鶏むね肉としいたけの煮物と、香り漂うほうれんそうペーストのハイ貝。鶏むね肉としいたけの煮物のポイントは、鶏むね肉をゆでるとき干ししいたけも一緒にゆでること。鶏むね肉の臭みが取れ、食感がぐっと軟らかく仕上がる。

1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ