「こんな花のようなエンディング」のあらすじ

つきあって7年の20代中盤の同棲カップル、チェ・ウンとコ・ミンチェ。スポーツセンターで契約社員として働くウンは、お金もないのに結婚の話をするのはおこがましいと思いなかなかできずにいたが、ある日勇気を出してプロポーズをする。しかし、大学院生の彼女ミンチェにはちょうどアメリカのインターンシップの話が舞い込んでくる。
一方、つきあって1年を少し超えた30代中盤のカップル、ユ・ヒョンスとコン・ジヒョ。大企業に勤めるヒョンスはそろそろ彼女と結婚したいと考えていた。しかしジヒョは自分のパン屋を持つという夢を叶えるため、今はまだ結婚する気がない上、結婚に対して不安が大きくなかなか踏み切れずにいた。そんな中、ヒョンスに思いを寄せる新入社員が現れ…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話ソヨンはジヒョが店長を務めるパン屋の常連で、ジヒョの恋人ヒョンスの会社の新入社員だ。付き合って1年が経つジヒョとヒョンスは知人の結婚式に行くが、結婚に対してお互いの考えが違うことに気付く。一方、付き合って7年が経つミンチェとウン。ミンチェはウンが“来るな”と言ったことを無視し、ウンが働くスポーツセンターを訪問する。ウンはいつも生徒のおばさんたちのことだけを話していたのに、ミンチェが実際に見た水泳教室にはすらりとしたきれいな女性がいて…
第2話ミンチェは今日がインターンシップの面接日。経歴がぱっとしないミンチェにとって2回も落ちているインターンシップのチャンスは切実だったが、また面接に失敗し、ウンはそんなミンチェを慰める。一方、ヒョンスはもう少し広い部屋へ引っ越すことになり、引っ越しを手伝うジヒョを見ながら結婚したいというはっきりとした考えを持つようになる。そんな中、ソヨンはヒョンスの誕生日にジヒョが働くパン屋でケーキを買う。結局ジヒョはソヨンがヒョンスを好きだという事実を知り、ヒョンスにソヨンの話をして様子をうかがう。
第3話夢に見ていたインターンシップの面接に合格したミンチェは、ウンにインターンシップの話をするがウンの反応は好ましくない。ミンチェの渡米に対し悩み傷つくウンは、決心したようにプロポーズの準備をしようとする。一方でジヒョは、ソヨンの存在を気にし、ヒョンスに“何か言うことはないのか”と尋ねるが、ソヨンが手紙を書いたことを知らないヒョンスは“何もない”と答え研修旅行へ向かう。そんな中ヒョンスから話があると呼び出されたジヒョを振られる覚悟で向かうが…。果たして二組のカップルの結末は…?

1

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ