「ミスター期間制(原題)」のあらすじ

弁護士のキ・ムヒョク(ユン・ギュンサン)は、担当した女子高校生刺殺事件の裁判中の不祥事の責任を負わされ弁護士事務所をクビになり、さらには、理不尽なことから弁護士の資格も剥奪されてしまう。自らの濡れ衣を晴らすため、また謎の多い事件の真相を明らかにするため、ムヒョクは被害者の葬儀場で偶然聞こえた生徒たちの不可解な言動を手掛かりに、被害者と被告人が通っていたエリート高校へ、期間限定の教師キ・ガンジェと偽り潜入し…

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話女子生徒に呼び出されたムヒョクは、生徒たちの前で暴行の疑いをかけられる。それはムヒョクを学校から追い出そうとするボムジンの差し金であった。しかしソヒョンの機転により、ムヒョクの疑いは晴れる。一方、抜き出したボムジンの携帯データが復旧し、ムヒョクとヒョンジョンはその内容から、ボムジンが父ヤンギの携帯を監視していたことが分かった。一方ボムジンの彼女テラもボムジンの行動に怪しい点があることに気づき…。
第12話ヒョンジョンはスアを殺した真犯人を見つけて、ハンスに罪滅ぼしをしたいと考え、積極的にヤンギと警察の接点を探そうとしていた。しかし、その矢先、ヒョンジョンは何者かに背後から襲われ大ケガを負ってしまう。一方、校内ではボムジンが生徒たちをコントロールしていることが、ソヒョンが生徒らとカウンセリングを行った結果、明らかになった。ムヒョクはギフンをたきつけ、ボムジンが隠していることを探ろうとするが…。
第13話ハンスの意識が戻り、最初に病院に来たのはヤンギとつながっているオ警部補であった。ハンスを殺すためである。しかしそこにボムジンが現れ、オ警部補を脅すようにして帰らせる。ボムジンからスアが死んだことを聞いたハンスはスアを守りたい一心で、駆けつけたムヒョクを追い返し心を閉ざしてしまった。そして、スアが死んだ殺人現場からテソクが逃げたのを見たと、ボムジンに言われたとおり警察に証言するのだが…。
第14話ムヒョクは、スアが刺された時間、映画館にいたはずのボムジンが、どうスアの家まで来たか実際に検証する。そこで時間的には十分に余裕があることが分かった。そうなると一緒に映画を見ていたテラが唯一の証人となるが、そのころ、ボムジンはテラをあるビルの屋上に呼び出していた。そして、そこでテラをビルから突き落とし、自殺に見せかけて殺してしまう。知らせを聞いて駆けつけたムヒョクは、ボムジンが殺したと悟るが…。
第15話ムヒョクは、スアを殺した犯人がボムジンであるとヤンギに告げる。ボムジンは、ヤンギがスアと援交していたことがいずれスアの口からバラされると予測し、それは自分の将来にとって汚点となることを恐れスアを殺したのだった。ムヒョクはそれが分かっていたが、実際に物証があるわけではない。そこで、ドジンを利用して弁護士資格を取り戻したあと、ソンハ法律事務所で記者会見を開き、そこでハンスの無罪を主張するのだが…。
第16話ヤンギは、テソクの殺人などを指示していたたオ警部補にすべての罪を追わせようとする。しかし、自首したオ警部補は衝撃の事実を告白した。一方、スアの家に隠しカメラが設置されていたことが分かり、ムヒョクはある映像を手に入れる。いよいよ、ヤンギは捕らえられ裁判が始まった。ヤンギはボムジンがスアを殺したことを知って、それを隠すためにテソクを殺害する指示を出したと証言するが、そこにボムジンが現れ…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ