「酔麗花~エターナル・ラブ~」のあらすじ

皇位継承争いが本格化してきた魏。そんなある日、皇帝は優秀で行動力のある第四皇子元凌(げんりょう)に脅威を感じ、謀反の罠にはめようと画策。兄弟たちに捕えられそうになった元凌は、崖まで追い詰められて谷底へ落ちてしまう。そこは一般人には禁足の地で、代々皇族を守ってきた巫族(ぶぞく)が住む場所だった。偶然、元凌を助けた巫女(みこ)の卿塵(けいじん)は、彼をかくまい怪我の手当てをする。やがて惹かれあっていく2人だったが、巫女と皇族の婚姻は大きな災いを招くとして古くから禁じられていた。出会ってはならない2人はこの掟に逆らい、運命の恋が動き出す…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第51話 師との再会暗巫の長老の姿が蓮妃であることを知った元溟。彼女とまともに戦っても敵わないと踏み、配下を引き連れ元凌を倒しに向かう。その頃、宮中では元凌が元安の実の息子ではないという噂が流れるが、それは殷貴妃が仕掛けたものだった。当初は噂を信じなかった元安だが、殷貴妃から証拠を突き付けられると…。一方、元凌と合流した卿塵は都での出来事を伝える。そして、ついに昔邪と再会することが叶った卿塵はあるお願いをする。
第52話 30年越しの真実蓮妃が30年間も先帝のことを想い続けていたことに、衝撃を受けて憤慨する元安。生きながら元凌の追い詰められる姿を見よと蓮妃に命じるが、蓮妃は元安が去ったあとに自害して…。その後、元安は兵符と密旨を持って元湛の元を訪れる。阿柴族の地へ向かい、元凌から軍の総帥の座を引き継いで、元灝を無事に助けるよう命じるのだった。一方、元灝の援軍として向かっていた元凌と朶霞に、木頦沙が洮陽を攻めたという急報が届き…。
第53話 皇帝一族の運命元凌は蕭続を倒し、元灝を助けることに成功するが、そこに元溟が現れる。助けに現れた莫不平とともに元凌は暗巫との死闘を繰り広げ…。一方、木頦沙の攻撃に苦戦する元澈。ついに城門が破られ、卿塵を守ろうとした元澈は深手を負うが、冥魘(めいえん)率いる巫女たちに助けられる。そんな中、朶霞は洮陽を救うために城に到着するも、木頦沙が占領したあとだった。力ずくでは敵わないと感じた朶霞は、ある条件を木頦沙に提示するが…。
第54話 血玲瓏昏睡状態から一向に目覚めない元澈。元凌にとってかけがえのない存在である元澈を、卿塵は霊石を使って救おうとする。だが、霊力が弱っている卿塵にとって、それはとても危険な行為で冥魘が止めに入るが…。一方、朶霞は婿として洮陽に入城する木頦沙を卿塵と力を合わせて殺そうとしていた。しかし卿塵が彼女の助けに向かっていると、突如現れた蓮妃に妨害される。それは、朶霞の血を使って霊石の血玲瓏を作るための画策だった…。
第55話 新帝誕生崩れ始めた玲瓏陣の影響を受けて、卿塵の体は衰弱し消えかけていた。そんな中、元凌から贈られた玉の輪が、彼女の痛みを代わりに受けるための物だと知った卿塵。互いに想いあっていることを確かめた卿塵は、ともに元安に立ち向かうことを決心する。一方、蓮妃は元凌を陰から守り、願いを成就する機会を窺っていた。そして卿塵や巫族の助けを受けながら、元安と対峙することになる元凌。激しく斬り合う2人だったが、戦いの決着がついて…。
第56話(最終話)永遠の愛卿塵の命と玲瓏陣の世界を救いたい元漓は、元湛に彼女が別の時空から来た人間で残された時間がわずかであることを打ち明ける。それを聞いた元湛は帝位を奪い、殷貴妃の敵を討つために、皇帝に即位した元凌の元へ行くが、元凌から魏国の未来を託される。元凌と卿塵は残された時を幸せに過ごそうと婚儀を執り行うが、そこへ黒曜石を持った蓮妃が現れる。卿塵の命を使って九転玲瓏陣を開き、時空を越えて過去をやり直そうとするが…。

« 2 3 4 5 6

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ