「鳳凰伝 〜永遠(とわ)の約束~」のあらすじ

舞台は梁の国。雑技団の看板娘・葉凝芝(ようぎょうし)は宮中に呼ばれ、皇太后の誕生日を祝う宴で技を披露することに。長公主(皇帝の姉)の罠に陥った葉凝芝を助けたのは、宮中一の策士である魏広(ぎこう)だった。半年後、宮中に飛び込んだ葉凝芝は皇后付きの使用人となる。規則が厳しい生活に雑技団出身の葉凝芝はなかなか馴染めないが、魏広と再会することを励みに耐え続ける。魏広もまた数々の危機を乗り越えて葉凝芝に近づき、葉凝芝が皇后の信頼を得られるよう、そして宮中で安らげるよう力を貸していた。
辺境で戦が始まり、魏広は大元帥として出征することに。「凱旋したら君を妻として迎えられるように皇帝に掛け合う」と葉凝芝に約束し、魏広は都を離れる。その頃宮中では、事件の捏造や冤罪が横行していた。葉凝芝は一介の使用人ながら才知と勇気を頼りに高官たちに立ち向かう。そんな彼女の姿に皇后も感銘を受け、皇帝もまたその純真さと正義感に魅了される。厚遇されるようになった葉凝芝は、仲間から妬まれ四面楚歌の状態になり…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 舞い込んだ大仕事涵城の鳳祥鳴(ほうしょうめい)雑技団の花形・葉凝芝(ようぎょうし)は、尚官局・轄司令の魏広(ぎこう)に出会って一目惚れ。しかも、彼から銀500両で皇太后の誕生祝いで芸を披露するよう依頼されて大喜びする。しかし、いざ宮中に行って皇帝・龐通(ほうつう)の前で芸を見せたところ、葉凝芝が読み上げた祝辞が大問題に! これは直前に皇姉・龐貞(ほうてい)から伝授された祝辞だったが…。
第2話 命懸けの演舞本番では皇太后が祝辞を喜んでくれて事なきを得た葉凝芝(ようぎょうし)。彼女は陰謀に利用された自分を助けてくれた魏広(ぎこう)に恩返しを誓って帰路につき、半年後、陰謀を企てた龐貞(ほうてい)と広定(こうてい)王は追放になったのだった。その後、葉凝芝は涵城にやってきた魏広と再会を果たす。そして、これこそ運命の恋だと舞い上がった彼女は彼との結婚を夢見るが…。
第3話 覚悟の企て葉凝芝(ようぎょうし)は魏広(ぎこう)から許婚がいると聞かされショックを受けるが、彼が自分を密かに守ってくれていたのだと気づくと、代わりに朗坤(ろうこん)と楊彪(ようひょう)を懲らしめてやろうと一計を案じる。だが、そのせいで追われる身となってしまった葉凝芝。彼女は魏広の助けで雑技団の仲間とともに涵城を脱出。さらに、魏広と二人で馬に乗って逃げるが…。
第4話 再び宮中へ一途な想いが通じて魏広(ぎこう)と素敵なひと時を過ごした葉凝芝(ようぎょうし)だったが、追っ手をかわすため彼と別行動に。その結果、崖で足を踏み外した彼女は梨花学堂の宮女が沐浴する場所に滑落する。そこで葉凝芝はこれ幸いと花長使(かちょうし)に頼みこみ皇后に仕える宮女の一人に加えてもらう。それは追っ手から逃れ宮中で魏広を待つためだったが…。
第5話 再会皇后が紙に書いた字を見事に当て人の心が読めるふりをした葉凝芝(ようぎょうし)は、この力を維持するため曽祖母の墓参りに行く必要があると嘘をつく。こうして皇后の許可を得て宮中を出た彼女は、街で身を潜めていた団員の阿俏(あしょう)、阿嬌(あきょう)と再会する。一方、獄中にいる元国師・厳寛(げんかん)から助言を受けた皇后は、葉凝芝の力がイカサマだと気づき…。
第6話 特別な木持ち前の機転で危機を脱し、皇后の側仕えとなった葉凝芝(ようぎょうし)。彼女は伝説の大榕樹にいるという黒蛇の精霊に「魏広に会いたい」と願い事をする。すると翌日、皇太后の衛兵になっていた魏広を目にすることができて大喜び。さらに彼から手紙をもらって念願の再会を果たす。だが、その手紙は偽物で、現れた朗坤(ろうこん)に捕らわれた二人は…。
第7話 疑惑の人大榕樹で黒蛇の精霊に二つめの願い事をしていた葉凝芝(ようぎょうし)は、傅(ふ)貴妃の侍女・小華(しょうか)が傷だらけで倒れているのを見つけると、彼女を助けて皇后の元へ。すると、小華が傅貴妃の弟・傅詩桂(ふしけい)の不正を知る証人で彼に追われているとわかる。そこで皇后の命で魏広(ぎこう)が傅詩桂を逮捕するが、彼は逃亡。一方で皇后は宮中の幽霊に怯え始めて…。
第8話 大榕樹の怪魏広(ぎこう)と一緒に傅詩桂(ふしけい)の事件の謎を追う葉凝芝(ようぎょうし)は、彼と愛を確かめ合い運命を共にすることを誓う。一方、皇后は事件を解決できたら二人の望みを叶えると約束してくれる。そんな中、審問された厳寛(げんかん)が一連の事件はかつて奇病に侵され自害した麗(れい)貴妃の呪いだと証言。これには何か裏があると考えた葉凝芝たちは傅(ふ)姉弟の過去を探り…。
第9話 危機一髪傅(ふ)貴妃の手下たちに襲われた葉凝芝(ようぎょうし)は大怪我を負った魏広(ぎこう)と二人で棺桶の中に入れられ山奥に運ばれる。その途中でなんとか逃亡に成功し魏広を宮中に連れ帰るが、彼は危篤だった。そこで、葉凝芝は黒蛇の精霊に「魏広を助けて」と3つめの願い事をする。すると、傅貴妃が魏広を引き取って伝説の名医に診てもらうと言い出し…。
第10話 真実魏広(ぎこう)を人質に取られ傅(ふ)貴妃の脅しに屈したかに見えた葉凝芝(ようぎょうし)。だが、彼女は一同の前で次々と証拠を示して厳寛(げんかん)と傅貴妃の悪略を明らかにする。その結果、皇后の信用を取り戻すことができるが、魏広の容体はすでに深刻な状況。彼が助かる見込みは3割だと聞いて葉凝芝は大榕樹の下で涙する。すると、そこに皇帝・龐通(ほうつう)が現れて…。

1 2 3 4 5 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ