「鳳凰伝 〜永遠(とわ)の約束~」のあらすじ

舞台は梁の国。雑技団の看板娘・葉凝芝(ようぎょうし)は宮中に呼ばれ、皇太后の誕生日を祝う宴で技を披露することに。長公主(皇帝の姉)の罠に陥った葉凝芝を助けたのは、宮中一の策士である魏広(ぎこう)だった。半年後、宮中に飛び込んだ葉凝芝は皇后付きの使用人となる。規則が厳しい生活に雑技団出身の葉凝芝はなかなか馴染めないが、魏広と再会することを励みに耐え続ける。魏広もまた数々の危機を乗り越えて葉凝芝に近づき、葉凝芝が皇后の信頼を得られるよう、そして宮中で安らげるよう力を貸していた。
辺境で戦が始まり、魏広は大元帥として出征することに。「凱旋したら君を妻として迎えられるように皇帝に掛け合う」と葉凝芝に約束し、魏広は都を離れる。その頃宮中では、事件の捏造や冤罪が横行していた。葉凝芝は一介の使用人ながら才知と勇気を頼りに高官たちに立ち向かう。そんな彼女の姿に皇后も感銘を受け、皇帝もまたその純真さと正義感に魅了される。厚遇されるようになった葉凝芝は、仲間から妬まれ四面楚歌の状態になり…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第11話 不吉な予言梨花学堂の宮女たちを勝手に逮捕するなど朗坤(ろうこん)の横暴な振る舞いに腹を立てた葉凝芝(ようぎょうし)は皇后に直訴。だが、取り合ってもらえないばかりか、皇后の側仕えをクビになり皇太后の元へ送られてしまう。そんな中、かつて葉凝芝を助けてくれた謎の太監が再び姿を現し、彼女に文を残す。そこには明日、刺客が現れると書かれていて…。
第12話 女官への道葉凝芝(ようぎょうし)は皇帝・龐通(ほうつう)を刺客から救った手柄で女官になる夢を叶え、後宮の不正を調べて報告する“光磊女侍郎”となる。そんな中、烏磁国が攻めてくるという国難を迎え、龐通が烏磁国と戦う軍を率いる大元帥を殿試で選抜することに。そして、罪人として処刑された父を持つ魏広(ぎこう)も葉凝芝の口添えで殿試を受けることが許されて…。
第13話 無名の大元帥皇姉・龐貞(ほうてい)が突然、皇太后の看病を口実に都に戻ってきて、皇帝・龐通(ほうつう)は彼女が謀反を企んでいるのではないかと警戒する。一方、大元帥として出征した魏広(ぎこう)は、最初こそ百戦錬磨の将軍たちの反発を受けるが、見事な戦術を繰り出して敵軍を撃退。この知らせに葉凝芝(ようぎょうし)はほっとするが、魏広が前線で行方不明になったと聞いて…。
第14話 絶体絶命中秋節の夜に燈籠祭が賑やかに催される。その最中に葉凝芝(ようぎょうし)は新入りの宮女・班鈴児(はんれいじ)が好色な皇帝の甥・北応(ほくおう)王に襲われているところを見つけて助けるが、過って北応王を死なせてしまう。それがばれそうになり絶体絶命となった彼女が皇帝・龐通(ほうつう)に命乞いをすると、龐通はこれが残された唯一の手段だと言って葉凝芝に酒を飲ませ…。

« 1 2

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ