「鳳凰伝 〜永遠(とわ)の約束~」のあらすじ

舞台は梁の国。雑技団の看板娘・葉凝芝(ようぎょうし)は宮中に呼ばれ、皇太后の誕生日を祝う宴で技を披露することに。長公主(皇帝の姉)の罠に陥った葉凝芝を助けたのは、宮中一の策士である魏広(ぎこう)だった。半年後、宮中に飛び込んだ葉凝芝は皇后付きの使用人となる。規則が厳しい生活に雑技団出身の葉凝芝はなかなか馴染めないが、魏広と再会することを励みに耐え続ける。魏広もまた数々の危機を乗り越えて葉凝芝に近づき、葉凝芝が皇后の信頼を得られるよう、そして宮中で安らげるよう力を貸していた。
辺境で戦が始まり、魏広は大元帥として出征することに。「凱旋したら君を妻として迎えられるように皇帝に掛け合う」と葉凝芝に約束し、魏広は都を離れる。その頃宮中では、事件の捏造や冤罪が横行していた。葉凝芝は一介の使用人ながら才知と勇気を頼りに高官たちに立ち向かう。そんな彼女の姿に皇后も感銘を受け、皇帝もまたその純真さと正義感に魅了される。厚遇されるようになった葉凝芝は、仲間から妬まれ四面楚歌の状態になり…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第41話(最終話)天空を舞う鳳凰皇帝・ほう通(ほうつう)の暗殺に失敗した皇姉・ほう貞(ほうてい)と広定(こうてい)王が処刑され、魏広(ぎこう)は葉凝芝(ようぎょうし)に涙の別れを告げて厳寛(げんかん)と対決すべく前線に戻っていく。一方、皇宮で皇后は静かに息を引き取り、朗坤(ろうこん)は遠くでその知らせを受け取ったのだった。そして、梁は辛くも戦争で勝利を収め、ほう通の後を継いで皇子・傅康(ほうこう)が即位する。それから10年後…。

« 1 2 3 4 5

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ