「根の深い木‐世宗大王の誓い‐」のあらすじ

1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗(セジョン)イ・ド(ハン・ソッキュ)が即位したが、実権は前王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていた。王権強化のためイ・バンウォンは、イ・ドの義父であるシム・オンとその一家を処刑。シム家の使用人の息子トルボクは、幼なじみのタミと逃げ出すが、途中で離ればなれになってしまう。月日は流れ、1446年。トルボクはカン・チェユン(チャン・ヒョク)と名を変えて、イ・ドへの復讐を胸に武官として宮中に勤務していると、イ・ドの文字創製事業に関わる人物が次々に殺害される事件が起こる。事件捜査を任されたカン・チェユンは、秘密組織“密本(ミルボン)"との闘争に巻き込まれる中、事業の中核を担う女官で、口がきけないというソイ(シン・セギョン)が、タミであることに気付く…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 ハンジッコルのトルボクシム・オン家の奴婢の少年トルボクは、大人たちも手に余る乱暴者で、唯一の味方は同じ家の下女タムだった。時は1418年、世宗(セジョン)イ・ドの時代。だが実権は先代王の太宗(テジョン)イ・バンウォンにあった。血の粛清で王権を築いたイ・バンウォンの次の標的は、イ・ドの義父シム・オン。無力なイ・ドは義父を助けようと手紙を送るが、それが反逆の証拠となり、手紙を届けたトルボクの父ソクサムも殺されてしまう。
第2話 魔方陣の答え捕らえられたシム家の奴婢たちは脱獄を試みるが、兵士たちに取り押さえられて皆殺しに遭う。その現場を目撃したイ・ドは、山中に逃げ延びたトルボクを救うため、父イ・バンウォンに初めて反旗を翻し、トルボクは国王が最愛の父を死に追いやったと聞かされて仇討ちを誓う。イ・ドは抵抗の代償として、父から自決を命ずる空の重箱を贈られるが、それをきっかけに自分の描く国家の姿を見つけ出す。
第3話 密本武力で威嚇する父を前にイ・ドは、文による統治こそが自分の理想と宣言し、若い人材の育成機関として集賢殿(チッピョンジョン)の設置を求める。その夜、かつてイ・バンウォンに粛清されたチョン・ドジョンの秘密結社・密本(ミルボン)が、新たな動きを見せる。イ・バンウォンの側近チョ・マルセンは、密本の首長チョン・ドグァンの潜んだパン村を襲撃するが、パン村に預けられていたトルボクは、その騒ぎに巻き込まれる。
第4話 2人目の犠牲者チョン・ドグァンは矢に倒れ、“密本(ミルボン)之書(ジソ)”と入れ替わったトルボクの巾着をチョン・ギジュンに託す。4年後、イ・バンウォンがこの世を去り、さらに20年あまりの時が流れる。北方で武功を立てたトルボクは、カン・チェユンと名を変えて、国王イ・ドへの復讐心を胸に、兼司僕(キョムサボク)として王宮に入る。その頃、武官コ・インソルが北方で殺害されたのに続き、集賢殿(チッピョンジョン)で学士ホ・ダムが遺体で発見される。
第5話 乾溺死功カン・チェユンは、イ・ドに接近する機会を得るため、殺人事件の捜査に乗り出す。カン・チェユンは、パン村に住む白丁(ペクチョン)で検死の達人のカリオンから、学士ホ・ダムの特殊な殺害方法を知るが、それは武芸の師匠イ・バンジの使う必殺技“乾溺死功”だった。その夜、カン・チェユンは、集賢殿(チッピョンジョン)に侵入した学士ユン・ピルを追うが、ユン・ピルは出上術を使う謎の仮面の男に連れ去られてしまう。
第6話 死者伝言カン・チェユンは、鋳字所(チュジャソ)で起きた火災現場から、広平大君(クァンピョンデグン)付きの女官ソイを救出する。彼女は口がきけず、一度目にしたものは何でも覚えられる記憶力の持ち主だったが、彼女こそがトルボクの幼なじみタムだった。一方、ユン・ピルの遺体から“丨口亡己”という4つの活字が発見される。さらに彼の身体に謎の入れ墨を発見したカン・チェユンは、集賢殿(チッピョンジョン)の学士たちの身体検査を要求する。
第7話 仮面の男ユン・ピルの残した活字は“密本(ミルボン)”を表していた。一方、遺体の盗難事件を通じて、一連の事件には国王側の人間と犯人側の2つの陣営が関わっていると睨んだカン・チェユンは、パン村の書店で仮面の男と同じ模様の腕輪をした男を見かける。カン・チェユンは、遺体を盗んだのが集賢殿(チッピョンジョン)の学士ソン・サムムンだと突き止め、彼の行方を追って山中に向かうが、そこで再び仮面の男と一戦を交える。
第8話 我が道カン・チェユンは、仮面の男ユン・ピョンをあと一歩のところで逃してしまう。翌朝、宮中の池で学士チャン・ソンスの遺体が発見され、その下から密本(ミルボン)を象徴する文言が出てくる。同志たちが次々と密本の手に掛かっていることに衝撃を受けたイ・ドは、自分の理想が正しかったのかと苦悩にさいなまれるが、カン・チェユンも同様に、自ら決心した道を傷つきながら進んでいると知って、再び決意を固める。
第9話 新たな文字イ・ドはカン・チェユンの目的が自分の暗殺だと知りながら、カン・チェユンに密本(ミルボン)の捜査を任命する。一方、ユン・ピルが残した“君那弥欲”の謎にたどり着いたソン・サムムンとパク・ペンニョンは、ついにイ・ドから秘密事業の全貌を知らされる。そんな中、世論調査の担当になったナム・サチョルが、密本から脅迫を受ける事件が起こり、現場に残された刀からカリオンが犯人として捕らえられる。
第10話 本元の正体事件のあった時刻、カリオンはイ・ドの密命を受けるために女官のソイと会っていたが、その事実を公表することはできない。カン・チェユンは、別方面からカリオンの無罪を証明するため奔走し、その甲斐あって、脅迫事件の真相は判明する。カリオンは無罪放免されるが、“カリオンを救え”という密本(ミルボン)の指令を受けていたイ・シンジョクは、カリオンを捕らえて密本との関係を追及する。

1 2 3 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ