「コーヒープリンス1号店」のあらすじ

大企業の御曹司でハンサムなハンギョル(コン・ユ)は他人に対して関心がない徹底した個人主義者。祖母の命令で“コーヒープリンス 1 号店”の建て直しを図る為、店の社長をするよう命じられる。しかし、イケメンスタッフで構成されるはずの店に家計を支える女子ウンチャン(ユン・ウネ)が“男性店員”として働くことに…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 私、女です!ウンチャンはテコンドーの師範の資格を持ち、アルバイトを掛け持って母と妹を養っている。ある日妹のウンセにしつこく交際を迫るチンピラのミニョプをあきらめさせようと男勝りのウンチャンは彼氏のフリをするが、ミニョプはあきらめない。
ハンギョルはアメリカ留学から帰国、留学中のちょっとした誤解からゲイ疑惑が浮上し、いつまでも腰を落ち着けないハンギョルに、祖母と母は結婚するよう迫り、ハンギョルは見合いをすることになる。しかしハンギョルの気持ちは従兄ハンソンの元恋人であり、初恋の人であるユジュに向かっていた。ユジュはハンソンに気持ちを残し、ハンソンもまたユジュを忘れられずにいたが、突然他の男の元へ走ってしまったユジュを許せず冷たく突き放す。
第2話 お見合い破談大作戦見合いにウンザリしたハンギョルは、ゲイの恋人のフリをするバイトをウンチャンに持ち掛け、お金に困っていたウンチャンは女であることを隠したまま契約を結び、バイト代を前借する。ある晩ウンチャンは買い物帰りに偶然ハンソンに会い、二人は公園で話をする。ハンソンは友人の話として、ユジュへの複雑な思いをウンチャンに話すが、ウンチャンは少しずつハンソンを気にかけるようになる。ハンソンが家に帰ると待っていたユジュに復縁を請われ、ユジュへの気持ちを抑えきれず一夜を共にするが、やはりユジュを許せず突き放す。ハンギョルの計画通りに見合いはぶち壊しとなり、浮かれたハンギョルはウンチャンにキスをする。ファーストキスを奪われたウンチャンは動揺するが、ウンチャンを男だと思い込んでるハンギョルは気にも留めない。
第3話 残酷な習慣寂れた王子コーヒー店の社長として店の経営をするよう祖母から命じられたハンギョルだったが、どうにも気が進まない。ハンギョルはユジュに会いに行くが、そこには彼女とヨリを戻したハンソンがいて、居心地の悪い思いをする。ユジュは父親とうまくいっていないハンギョルに仲直りを勧めるが、ハンギョルは反発し、ユジュの家をあとにする。一方、ウンチャンは道場の館長が夜逃げしたことにショックを受けるが、母親の暖かい言葉に触れ、気を取り直して内職の人形を取りに工場へと向かう。雨の中、人形を持って帰る途中でカップルにぶつかりトラブルになるが、タクシーで通りかかったハンギョルに助けられ、そのままハンギョルの家へと向かう。
ハンギョルの家で、ウンチャンはあるレコードを見つける。それは幼い頃の父親との思い出が詰まった一枚だった。涙を流すウンチャンに、ハンギョルは道場の一件やウンチャンの父親が亡くなったことを知る。
第4話 コーヒープリンス1号店 オープン誤って大量に注文してしまった生豆を焙煎して売ることになり、奔走するハンギョルたち。夜になり、店に戻ってきたハンギョルはウンチャンを再び叱るが、ミニョプは自分のミスだったことを告白する。一人泣くウンチャンを慰めるユジュ。決まりが悪いハンギョルも何とかフォローしようとするがウンチャンは受け入れられない。落ち込むウンチャンはハンソンに話を聞いてもらう。家まで送ってもらったウンチャンはやさしいハンソンにときめく。
屋台でワッフルを売っていたソンギが新しくコーヒープリンスのメンバーに加わる。メンバーそろって初の食事会の場で酔ったミニョプが誰彼構わずキスをし、最後にはウンチャンの唇を奪う。ウンチャンを気に入っているハリムはミニョプに怒るが、ウンチャンを自分のもの扱いしたハリムに対し、ハンギョルは「あいつは俺のものだ」とハリムに言い、ウンチャンへの微妙な気持ちを覗かせる。帰りの車で、ハンギョルがアメリカに行こうと考えてることをウンチャンは知る。
第5話 親睦旅行に出かけようハンギョルとウンチャンの仲のいい様子を見てハリムは二人の仲を勘繰るが、ウンチャンは否定する。家出をして住むところを探していたハリムは、同じく家を探していたソンギと共に、ウンチャンの口利きでホン社長の家に住ませてもらうことになる。
ハンソンが「ユジュは独身主義だ」と友人に話したのを聞いたユジュは、本当のことではあるが、彼が自分を突き放しているように聞こえ、心にひっかかる。一方ハンソンも、ユジュが自分より仕事を大切にしていることを辛く感じ、二人の関係はぎこちなくなる。しかしハンソンが体調を崩したユジュを見舞ったことをきっかけに、二人は胸中を素直に語り、わだかまりは消える。
第6話 気になる存在ハンソンに連れられて展示会のパーティーに行ったウンチャンだったが、それはユジュの展示会だった。会場でユジュやハンギョルと顔を合わせるが、女性の格好をしているため気付かれない。しかしBさんがユジュであるとわかり、ウンチャンは一人泣いて帰る。 家に帰るとハンギョルからの呼び出しが。彼もまたユジュとハンソンの関係にやりきれない思いでいた。ハンギョルが作ったおもちゃの村で遊ぶうちに眠ってしまったウンチャンを見つめ、心惹かれながら頬を触るハンギョル。
早朝にテイクアウトを始めたコーヒープリンス1号店。ウンセがその様子を撮影し、社員旅行の画像と共にインターネットへ流すと、イケメン揃いのコーヒープリンスはたちまち女性客で大にぎわいとなる。ある日の夕方、ハンソンが店へとやってくる。あのパーティー以来、ウンチャンに避けられていると感じていた。ウンチャンはハンソンへの思いを告白し、身を引くと伝える。
第7話 素直になれなくてウンチャンを抱きしめ、より意識し始めたハンギョルは、ウンチャンを連れて本屋へと向かう。バリスタになりたいというウンチャンのために、たくさんの本を買い与える。コーヒープリンスのメンバーに、ハンギョルからおもちゃの人形がプレゼントされた。店のオープン一ヶ月記念だというが、ウンチャンだけはもらえず不満顔。その夜ハンギョル以外のメンバーたちは、ウンチャンの父親の法事のために、ウンチャンの家を訪れて夕食を共にする。「寂しい日はみんなで過ごそう」というハリムの提案だったが、ウンチャンがハリムを「やさしい人だ」と言ったことが気に食わず、ハンギョルは参加しない。しかしハンギョルは、ウンチャンの自宅に一ヶ月記念のおもちゃをたくさん送っていた。喜ぶウンチャンがハンギョルに電話すると、反応は冷たく怒り出す始末。ころころと態度を変えるハンギョルにウンチャンは当惑する。翌朝ハンギョルと朝食を共にしようとウンチャンはハンギョルの家を訪ねる。
第8話 義兄弟になった日祖母のことで落ち込むハンギョルを見て、たまらずキスをしたウンチャン。祖母のためにも結婚相手を見つけると言うハンギョルに、ウンチャンは自分が女であると告白しようか思い悩む。豆の配達の帰り、二人が入院中の祖母の見舞いに行くと、ハンソンとユジュも後からやってくる。祖母の検査を待つ間、ハンソンとウンチャンは祖母のために買い物へ、病院に残ったハンギョルはユジュに対し、祖母に冷たい態度を取ったことを後悔していると打ち明ける。ハンギョルを慰めるユジュ。その仲むつまじい様子を戻ってきたハンソンとウンチャンが目撃し、ハンギョルの気持ちがまだユジュに向いていることにショックを受けたウンチャンは憤る。ウンチャンの気持ちを知らないハンギョルは、自分に対してそっけない態度をとるウンチャンに訳を問い詰めると、ウンチャンは社長が好きだと告白する。
第9話 愛情の裏返し義兄弟の契りを結び、ハンギョルの家に泊まったウンチャン。翌日からウンチャンはハンギョルを「あんちゃん」と呼び、急速に親しくなる。コーヒープリンスのメンバーたちはその様子を見守るが、本当はウンチャンが女だということを知らないハリムはみんなの様子をいぶかしがる。ユジュはウンチャンに会いにやって来る。自分の気持ちはハンギョルに向いているとウンチャンは話す。ユジュとハンソンは話し合うが、自分が思っていたよりハンソンの気持ちがウンチャンに傾いていることを知って傷つくユジュ。ハンソンは二人で旅行へ行こうと提案する。ウンチャンはソンギとの約束のため、ホン社長の家へ掃除に行く。
第10話 ハンギョルの決意ウンチャンは気まずい関係が続いていたハンソンとコンビニで偶然会う。友達に戻ろうと提案し、ハンギョルが好きだと告げるウンチャン。二人は以前のような関係に戻る。店を休んでいたハンギョルは三日ぶりに出勤するがウンチャンに冷たく接する。ウンチャンと亜ハンギョルはデリバリーに出かけるが、帰りがけに大ゲンカをする。ハンソンの心変わりに傷ついたユジュは、DKの誘いに乗りニューヨークへ行くとハンソンに告げる。ハンソンは強くユジュを引き止める。ハリムのアドバイスにより、ミニョプはウンセからの連絡を無視し続けていた。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ