「スイッチ~君と世界を変える~」のあらすじ

検事のペク・ジュンス(チャン・グンソク)は車を運転している最中、トラックにぶつかり意識を失ったまま病院に運び込まれる。時を同じくして、ある島で開かれている賭博場にペク検事が現れる。その男はペクにそっくりな詐欺師サ・ドチャン(チャン・グンソク)だった。ドチャンは、賭博場のお金を巻き上げるが、ひょんなことから出会ったペクの後輩検事オ・ハラ(ハン・イェリ)に「ペク検事の代わりに重要な案件を担ってほしい」と提案される。その提案に乗るドチャンだったが、果たして彼の目的とは――。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 詐欺師の心臓はゆっくり動く無人島で違法な賭場が開かれ銃殺事件が発生する。そこへ検事が登場。しかしすべて検事に扮する詐欺師サ・ドチャンが仕組んだ芝居だった。その数時間後、本物の検事ペク・ジュンスは、交通事故に遭い意識不明のまま入院。後輩検事のオ・ハラはジュンスとうり二つのドチャンを見つけ出し、ある取り引きを持ちかける。
第2話 ひそかに そして危うくジュンスの代役を頼まれたドチャンはナム・スンテから「ブツ」を受け取ったらお役御免のはずだった。だが作戦は失敗してしまい、しばらくジュンスのフリをして検察に通うことになり、ジュンスが追っていた麻薬事件を任される。そして麻薬組織の実体を追うために、ひそかに運び屋の元締めと接触する。
第3話 自分を自分と言える者倉庫で襲われ一命を取り留めたドチャンは、ジュンスが追っていたのは麻薬組織のボス「ヒグマ」だと知る。ヒグマはドチャンが前から捜していた人物でもあった。ジュンスの代役を続けるドチャンだが、あまりの変わりように同僚たちに怪しまれる。ドチャンは検事正の誕生日会で、キル・デロ検事に偽者の証拠を突きつけられるが…。
第4話 拳を握ったまま握手はできない検事正の誕生日会で正体を暴かれそうになったドチャンだったが、意識を取り戻したジュンスと入れ替わり難を逃れる。ドチャンはジュンスが回復するまでジュンスの代役を務めることになり、外交封印袋を利用した麻薬の密輸に捜査のメスを入れる。だが、事前に情報を得た外交官たちは捜査網をすり抜けてしまう。
第5話 動く標的大統領一行を止めたドチャンは荷物から麻薬を見つけ外交官のチェ・サンヒョンを逮捕する。しかしサンヒョンは大統領の指示だったと証言。ドチャンやハラの専門チームは解体され事件の捜査権は特検に渡ることになる。そこでドチャンは、特検事務室に移送されるサンヒョンをわざと脱走させ、黒幕を暴こうとするのだが…。
第6話 視線は気になる場所に向かうトンヨン製粉のファン社長がヒグマだと目星をつけたドチャンたちはファン社長が所有する別荘に麻薬が隠されていることを見抜き、家宅捜索に向かう。事前に情報を得たファン社長は麻薬を運び出すが、ドチャンたちが奪い、ファン社長は逮捕される。ところがファン社長はヒグマになりすましている疑いが濃厚になる。
第7話 しっかり隠れないと見つかるぞキム室長はチョ・ソンドゥを始末しようとするが、クム・テウンに止められ、ソンドゥは一命を取り留める。ハラはポン監督らを利用し、テウンの画廊で麻薬の売り上げを資金洗浄している状況をつかむ。ドチャンはファン社長の別荘がチェ・ジョンピルの所有だったことを知り、テウンが妻殺しの罪を自分の父にかぶせたと推理する。
第8話 裏切りは魂を食い荒らすドチャンはソンドゥを抱き込んでテウンの情報を手に入れ、その過程でサンヒョンの資金源がケイ銀行だと突き止める。テウンはケイ銀行の頭取を脅して1000億ウォンを奪い取り、頭取を殺して自殺に偽装する。サンヒョンはテウンの裏切りに気づくが、折も折、南山クラブでクーデターを起こされてしまう。
第9話 嫉妬は怒りとミスを生むジュンスは収賄事件を起こしたドチャンに腹を立て、テウンと手を組むことにする。検察に復帰したジュンスは、検事正の指示の下、テウンの野望を成し遂げる手助けをする。ジュンスを止めたいハラは検事正とテウンのつながりを暴く捜査に乗り出した。そしてドチャンはハラの頼みでフィールギャラリーに忍び込み、展示品を盗むと予告する。
第10話 秘密は知れ渡り真実は暴かれる展示品のファベルジェ・エッグが狙われていると思い込んだテウンはジュンスに協力を依頼し、これを死守しようとするが、ドチャンらが狙っていたのはチョン・ドヨン検事正が買った密輸入品の兵馬俑だった。この兵馬俑の所有が発覚することで、ドヨンは追い詰められて6年前にポン監督の弟を殺害したことを自白する。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ