「大風水」のあらすじ

時は高麗時代末期、31代王・コンミン王の時代。高麗は衰退していた。国巫(クンム)は、国家の再興のために書雲観の風水師・トンニュンに紫微垣局(しびえんきょく)を探し当てるように命じる。この紫微垣局を探し当てたトンニュンだったが、ある啓示を受けたことにより場所を明かそうとせず、国巫の手により10年ものあいだ幽閉されてしまう。10年後、トンニュンは王族の娘ヨンジとともに追われる身となる。すでにトンニュンの子を宿していたヨンジは、お腹の子を守るために権力者である文官のイ・イニムと結婚する道を選ぶ。そして、秘密裏に出産した息子チサンをトンニュンに託し、自分はイニムの愛人の息子ジョングンを育てることに…。 月日は流れ、父と同じく風水師となったチサン(チソン)は武将のイ・ソンゲ(チ・ジニ)から指導者になる相を見て、彼を新しい国王に導くことを決意し…。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話 書雲観の日官であるトンニュンは、紫微垣局を探してくるよう指示される。ようやくたどり着くがそこは50年後の王の墓場であり、決して触れてはいけない場所だった。ひどい拷問を受けてもその事実を必死に隠し通すトンニュン。そして10年もの間、投獄される。10年後、恭愍王はトンニュンと親しいヨンジに、紫微垣局の場所を探せと命じる。場所を教えるとウソをつき逃げ出すトンニュンをヨンジは捕まえるが…
第2話 ひょんなことから出くわした元の将軍イ・ソンゲ。そんな彼にヨンジとトンニュンは敵の山砦を教えたことで、2人を捕まえに来たイ・イニムから逃がしてもらう。ヨンジは逃げる途中、トンニュンの子を身ごもった。そのような状況の中、捕らえに来たイ・イニムに助けを求め身も心もささげる覚悟をする。その後結婚式を挙げ無事トンニュンの子を出産するが、イ・イニムの愛人スリョンゲもまた彼の子を産んでいたのだ。
第3話 イ・イニムの妻であるヨンジはトンニュンの子を産み、気づかれないようトンニュンに引き渡した。また国巫のスリョンゲもイ・イニムの子を出産していた。しかしスリョンゲは我が子を強引にヨンジへ預ける。一方元の将軍イ・ソンゲは高麗の武将になっていた。また元の使臣とスリョンゲは国王の殺害に向けて動いていた。商人のジョンデに仕事を頼まれたチサンは、元からの密輸品を運ぶことになり、パニャという娘に出会うことに。
第4話チサンが密輸品を運ぶ際、ごたごたに巻き込まれてしまったパニャ。そのおわびにパニャの母親の遺骨を埋めるため、ある場所に案内する。そこは王が現れるという明堂であった。そんな中チサンは父親を捜している継父を不審に思い、笠の女の後をつける。そこでスリョンゲが国王の暗殺計画を試みていることを知り、イ・ソンゲ将軍に知らせに行く。国王の居場所を知っていたチサンを信じたため、逆賊たちを捕らえることに成功するが…
第5話国王の殺害計画を聞いてしまったチサンを始末しようとしていたイ・イニム。しかしチサンの父親がトンニュンだと知り、まとめて始末しようとする。そしてチサンが身を寄せていた妓房に火をつけ、捕らえたチサンをおとりにトンニュンを誘い出そうとするスリョンゲ。トンニュンはチサンを救うため、紫微垣局の明堂図を持ってきたかのように見せかけ犠牲になろうとする。瀕死の状態のトンニュンはチサンに、母親を捜せと言い残した。
第6話刺客に襲われ連れ去られたチサン。短剣で胸を刺され生き埋めにされたが、意識を取り戻し地上に脱出する。ひどい傷を負っているチサンを見つけたヘインは、山小屋で怪我の手当てをした。しかし目を覚ましたチサンは逃げ出してしまう。ジョングンは、イニムの部屋である指輪を見つけた。それはヨンジが赤子のチサンに渡した指輪だった。トンニュンとチサンの命が奪われたことを知ったヨンジは、イニムとジョングンに別れを告げる。
第7話紫微垣局を調べていたイ・ソンゲは、謀反の罪を着せられてしまう。一方、王妃は原因不明の不調に悩んでいた。その原因を調べるよう命じられたヨンジは、王妃の寝所に睡眠薬がまかれていることを突き止める。その薬を売ったジョンデに代わりチサンが捕らえられてしまう。チサンの命を奪おうとするスリョンゲの元に、ヨンジが訪ねてくるが脅しは効かなかった。その後スリョンゲは王に紫微垣局が偽物だったことを密告し…
第8話 ヨンジは国王にスリョンゲの秘密を暴露しようとしたが、ジョングンのためにぐっとこらえ、地下牢に幽閉されることになった。チサンは指輪と同じ模様を見つけ騒動を起こしたことを知ったヨンジは、我が息子だと確認する。一方無学大師とヒョミョンは、ソンゲの父親の墓が君王之地であることを知る。そしてソンゲの四柱を調べることに。そこには何と国王になる運命だと出ていたので、しばらく様子を見ることに。
第9話成長したチサンは指輪の模様を調べるため、イ・ハンベクという風水師を名乗り王宮を訪れた。しかしそこには本物が待ち構えていた。一方幽閉されているヨンジは、懐妊した王妃の面倒を見るため出産まで解放されることに。そんな中、元では高麗の国王を退位させ、徳興君を新たな王にしようという動きが起こっていた。元で暮らしていたジョングンはその役目を担い、ソンゲに協力するよう持ちかけたが…
第10話 イ・ハンベクを名乗り王宮へ入り込んだチサンは、母親の手掛かりを探していた。不審に思ったヘインはヨンジに偽者だと報告する。チサンが王室の家系図に探していたと知ったヨンジは、捕らえるよう部下に命じた。一方、元の皇帝が徳興君を高麗の王に冊封すると知った恭愍王は、反逆者をあぶり出すため謀反を起こすふりをするようチェ・ヨンに命じる。チェ・ヨンが謀反の件を提案するが反対する者がいないことにソンゲは怒りを覚え…

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ