「彼らが生きる世界」のあらすじ

正義感が強く人間味あふれるドラマプロデューサーのチョン・ジオ(ヒョンビン)は、以前恋人だった新人プロデューサーのチュ・ジュンヨン(ソン・へギョ)と同じドラマの製作現場で働く。
お互い性格の違うジオとジュンヨンは撮影方法などをめぐり時としてぶつかるものの、恋人時代の思い出を語らえるような、お互いの心を理解しあった友人でもあるのだが・・・。

番組紹介へ

各話あらすじ

第1話野外で撮影中のジオ。ところが当日放送分のテープに異常が見つかり、急きょ撮り直すことになる。家で恋人とのパーティーを準備していたジュニョンも応援に駆り出される。ジオから欲張らず迅速に撮影しろと指示されるジュニョンだったが、元の演出どおり撮ろうとギリギリまで粘る。ところが撮影の終盤で事故が発生。なんとか当日の放送には間に合ったものの、ジュニョンはジオからの電話を無視して帰宅してしまうのだった。
第2話ジュニョンは人気作家の新しい台本を受け取るが、配役のことでもめてしまう。プライベートでも恋人に別れを告げられ意気消沈気味だ。ジオは大学生の頃からの恋人で今は不倫関係にあるヨニにいらだちながらも関係を終わらせられずにいた。助監督のスギョンは左遷先の地方から帰ってきたのだが、久しぶりのドラマ局復帰でも冷や飯の扱いをうけるハメに。ある日、ヨニから妊娠の事実を告げられる。
第3話ジュニョンは希望の配役を実現させるため、ユニョンと取引をする。そのことを知った局長に大目玉を食らうが、なぜ反対されるのか納得できない。ジオが仲裁しようとするも局長の怒りは収まらない。一方、ギュホが担当するドラマは撮影が遅れ、放送時期を何度も延期している状況だ。ついには主演女優が逃げ出し、端役だったヘジンが主人公に抜てきされる。ジュンギはジュニョンが忘れられず、やり直そうと言うが…。
第4話連ドラを担当することになったジュニョンだが、何とそのテーマは同性愛。悩んだジュニョンはジオに相談するが、そのまま2人は一夜を共にすることに。撮影が始まったジュニョンは海外ロケに行き、ジオは休暇で実家に帰る。家族との時間を過ごし休暇を終えたジオがロケに合流すると、そこにはカメラマンのギョンネとケンカするジュニョンの姿が。しかし、お酒の力を借り腹を割って話し合った2人は次第に打ち解けていく。
第5話ユニョンとミンチョルの過去について、ヒョンソプから話を聞いたジュニョンたち。そこで純情とは何かを考えるようになるが、ジュニョンは純情にとらわれる心情が理解できずにいた。そんな時、会社の駐車場でジオとユニが会っているのを偶然目撃してしまう。次の日、ジオにさりげなく聞いてみるがユニとのことは話してくれない。ミンチョルは、ユニョンと復縁するつもりだと宣言。ジオは過去の恋は忘れるべきだと猛反対する。
第6話一緒に休みを取って過ごす計画を立てるジュニョンとジオ。ところがハプニング続きで一緒に過ごせる時間はどんどん減っていく。なんとかジュニョンの家に着いた2人だったが、そこにはジュニョンの母とギャンブル仲間たちがおり、戸惑いを隠せないジオだった。スギョンは酒に酔った勢いで、ギュホが勝手に台本を修正していることを脚本家にバラしてしまう。脚本家は激怒し、スギョンとギュホも大ゲンカを始める。


第7話ジオの前でギャンブルの話をしたこと母に謝るよう要求するが、謝罪はおろかジオとの交際を反対されてしまう。母の非常識な言動についてジオに愚痴っているうちに家庭環境や金銭感覚のズレから2人は口論に。ヘジンはギュホに認めてもらおうと必死で水中での撮影に挑む。そんなヘジンにギュホはひかれていくのだった。しかしギュホのドラマは撮影が難航し、2チームに分かれて撮影することになる。局長たちはジュニョンとジホに白羽の矢を立てるが…。
第8話ドラマ局を団結させるために開かれたラグビー大会で、ジオとギュホはプライドを懸けた一本勝負をすることに。ギュホはドラマ「天地淵」の制作発表を無事に終えるが、弟がケンカでケガをしたと連絡が入る。父の大統領選に影響しないか心配するギュホだが、父は弟の不祥事すらチャンスに変えようとしていた。複雑な心境で酔いつぶれてしまったギュホはヘジンと一夜を共にしてしまうのだが…。
第9話女子仮眠室でジュニョンと寝ていたジオ。そこをミニに目撃され、2人の関係がバレてしまう。ジュニョンはジオに母親を理解するよう説得されてうんざり気味だ。ジオはホヨンの人事異動について抗議するが幹部たちは耳を貸さず、ギュホのドラマが高視聴率だと喜ぶだけ。そんな中、いよいよギュホのドラマの放送が始まる。オンエアを一緒に見たギュホとヘジンはそのまま雨の中をデートに出かけ、ヘジンはギュホに告白しするのだった。
第10話送迎会のあとジオの家に行ったジュニョンとジオ。自分が温かいドラマを作れないのは両親の不仲が原因だと涙ながらジオに訴える。翌朝、目を覚ますとそこにはジュニョンの姿がなく、心配するジオ。帰ってきたジュニョンに一安心し2人で朝食を食べる。一方、ADのスギョンは撮影中もドジばかりでジュニョンに冷たくあしらわれる。しかし、彼女に好意を寄せるスギョンは眠るジュニョンにキスをする。

1 2 »

ご視聴に関するお問い合わせはこちら

DATVカスタマー 03-6809-6282

受付時間:平日10時~12時、13時~18時(土日祝/年末年始はお休み)

ページの先頭へ